間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類




母屋

玄関
無理やりこじ開けたあとがあります。
木が雨どいを壊してしまいました。



無理やりあけたのでしょう。
鍵が折れて格子戸の格子が削れています。
こんなのどうやって補修するんだろ。

カーソルを上に持ってくると拡大されます。

  壊れた雨どい
枝を払いましたが、補修はまだです。



補修しました。
マウスカーソルを画像の上に置いてください。

倉庫の奥から古い雨どいが出てきましたので
洗浄後、錆を落としてペンキ塗りして補修しました。
こんなに手間隙かけるくらいなら新しい雨どいと
交換したほうが耐久性も見栄えもよかったかも・・・・。
家の中から見る玄関。
玄関廻りは総ケヤキ造りです。


土間の上の梁。散らかってますねぇ。

マウスカーソルを画像の上に置いてください。
今年のお正月にはここまできれいになりました。



苦肉の策で違う場所のちょっと寸法の合わない帯戸を
立てました。
色あせていた梁や帯戸は荏ゴマ油で磨きました。
初めて使いましたが、木の本来の肌が
よみがえったような気がします。

箱階段    この部屋はフローリングにする予定です。

欄間がありません。どうしましょうかねぇ。

北面の廊下
ここから見える裏庭は心和むものがあります。
早くきれいにして、眺めを楽しみたいものです。


仏間、居間



ここは現在物置と化しています。
最終的には畳替えをして立派な和室としての
利用を考えています。


箱階段を移動してフローリングにしています。
階段を一段カサアゲするために台も同時に作っています。
フローリング材は、迷った挙句「竹」を貼る事にしました。
縦に割った肉厚の竹を張り合わせて板状にしたものを
いぶして作ってある「竹フローリング」です。
畳の色に近く違和感がありません。(と、言い切る^−^;)
張っている最中に丸のこで切るとほんのり竹の香りがして
結構ここちよいものです。




フローリング貼りの作業工程に興味のある方は
こちらをクリックしてください。



2005年1月現在、すでに完成しています。
完成写真をとり忘れて、汚れないように養生シートを
張ってしまいました。
当然、出来上がったところから物置状態です。



あと三部屋フローリングにする予定です。
八畳間、六畳間を各二部屋。計28畳をフローリングにして
一部屋として使うつもりです。
ん?理由??
戸が無いんです。戸が。
で、いっそのことワンルームにして
仲間が集まれる場所にすることにしました。

玄関の様子を見てください。

ホーム
    
古民家目次ページへ





間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類