間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類



ストーブを買いました



少し大きめのものを買いましたが、なにしろ建坪が100坪の家です。
とても全体を暖めるのは無理でしょう。
25坪(50畳)ほどの暖房能力があるらしい・・・。

ちょいとした考えがあって、煙突工事を自分でやります。

 

煙突に使う部品です。
二重の管になっているのが解るでしょうか。
鉄板をらせん状に巻いて作ってあるので
スパイラルダクトといいます。
今回はそれの二層管を使う事にしました。
外のダクト径が150φ(直径150ミリ)
内側が100φです。

ストーブの煙突は100φですので、内側のダクトが煙突になります。
通常の煙突ですと熱くてさわるとやけどをしますが
これだと外側に空気の層があるため大丈夫だと思います。

更なるアイディア。

熱くなった煙突の熱をうまく利用できないかと考え
外側の空気層のダクトにちいさなFANを接続して
部屋の中に吹き出すようにします。

さらに!!。

煙突から出て行く空気の量を調節できるように
ボリュームダンパーなるものを取り付けます。
 
このように中の羽が動いて空気の量を調節できます。

煙突工事
の始まりです。

ホーム

古民家の目次ページへ 





間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類