間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類



薪 作 り

  ⇒ 

適当な木を枕にして切り倒した木を並べます。
ストーブに入る長さに切ります。このストーブの場合は40センチくらいです。
この工程を「玉切り」というらしい。

枕が片方だけに利いている場合はチェーンソーを普通に使い上から切ります。
両側に枕がある場合は刃の上を使って丸太の下から切ります。
こうすることで、切れる寸前に刃が丸太にはさまれるのを防げます。
はさまれるとキックバックといってチェーンソーが自分のほうにはねてきますので大変危険です。

この程度の丸太(直径20センチ位)なら電動のチェーンソーでも問題なく切れます。
と、いうよりこの電動チェーンソー実際良く切れます。

近所のホームセンターへ釘を買いにいったとき偶然特売していました。
たしか4000円ほどだったと思います。
やっす〜〜〜!!なんじゃこの値段は。
枝を掃ったりするだけなら使えそうかな・・程度の考えで衝動買いしました。

使ってみてびっくり。
切れる、切れる、エンジンに比べ音は静かでお手軽。
なんと言っても軽いのが助かります。



このままでは太すぎるので、あとは斧で巻き割りです。
蛇足ですがブルーシートの上でやっているのには訳があります。
チェーンソーで切るとのこぎりと違い結構「おが屑」がでます。
シートの上でやれば後の掃除が楽な上、土やごみが混ざらないので
そのまま、かみさんが園芸に利用できます。^−^

けちくさ〜〜。(ん?方言か??)

落ち葉も掃き集めて裏庭に積み上げビニールシートをかけてます。
一月もすれば立派な腐葉土が出来上がります。



  

そこらに転がっていたアングルや鉄骨の半端材を溶接して薪棚を二個作りました。
あっという間にいっぱいになってしまいました。
もっと作らねば。置き場所も考えないといかんな。


問題がひとつ。
薪は乾燥していないと「薪」にならないんですよね。
ということは、これ来年しか使えないってこと。

今年の分はどうするんじゃ〜〜〜。

まっ、仕方ない。
倉庫の中から出てきた半端材やすでに何年も前に切り倒して
裏に放置してあった木を薪にしよう。

それにしても、切り倒した木は薪には不向きな針葉樹やら雑木ばっかり。
まぁ、目的がそれらの始末だから仕方ないことですが・・・・・。




古民家の目次ページへ

ホーム
直前のページへ


暇を見つけて巻き割りしています。
斧は納屋から出てきたものを使っています。
何十年も前の斧だと思いますが、うっすら錆びているだけでした。



巻き割りも奥が深そうです。
この斧ではとても割れそうにないものもありますので
新規購入も考えています。
やっぱり、グレンスフォッシュかな。
スェーデン製の優れものらしい。





間取図 全体 母屋 土蔵 倉庫 納屋
便所1 便所2 前庭 裏庭 ストーブ 家具

フローリング 煙突工事 薪作り 道具類